寒い時はこれが一番! 地元ジビエ料理

d0012134_16334654.jpg

骨付き熊肉の煮込みです。食べると身体の芯から温まります。今年は多くの熊が天国に召されて、食卓に載りました。


d0012134_1636457.jpg

大きな骨の残骸!これが味の決め手。
ジビエ料理は血の味と香りがするので、嫌がる人がいますが、フルボディの赤ワインが良く合いますョ。

by lafollia | 2006-12-17 16:43 | 旬 食の歳時記 | Comments(4)

Commented by suirenn2 at 2006-12-17 22:49
熊・・・・ですか・・・・。
血の匂いと味・・・・・ちょっと、腰がひけますね。
でも、捕まえた以上食べてあげませんと、申し訳ないですよね。
野菜はどんなものが入っているのでしょう?
Commented by lafollia at 2006-12-18 11:42
獣の肉は独特の臭みがあるので敬遠さてる方が多いです。その臭みを除くためゴボウやネギと一緒に煮ます。その後に大根、ニンジン、ジャガイモなど入れて煮込みます。重めの赤ワインを一緒に飲むと、口の中で、独特の臭みが。スーッと消えるのです。でも、重めの赤ワイン・・・高価ですよネ。
Commented by Aviator at 2006-12-18 11:58 x
こんばんは。熊肉は五十里湖の売店や奥鬼怒温泉郷に行く途中などで串焼きバーベキューで売っていますよね。私は串焼きは食べた事はありますが煮込みはありません。見た感じ大根が沢山入っていて美味しそうですね。
Commented by lafollia at 2006-12-19 00:19
Aviator さん  この料理はj地元では一般的なやり方なのです。熊肉は硬いので長時間煮込んで食べます。熊の脂はラードやヘッドとは違い寒くなっても固まらないのですよ。